理解しておくべき土地活用情報

賃貸経営は入居者目線で行っていくということがとても重要になってくるのです

土地活用を考えた時、アパートやマンションの賃貸経営を考える方も多いでしょう。昔ながらのイメージですと、建築さえすれば収入を得ることが出来るというイメージがあるかもしれませんが、現代においては賃貸経営も環境が変わっているのです。

■不労所得という意識がデメリットとなってしまう
まず土地活用のための賃貸経営となると、空室状態を作らないということが大切になってくるでしょう。このことを「空室対策」と呼びます。

これを防ぐためには、不労所得であるという感覚で経営していくのではなく、サービスを提供するという意識をもっていただくことがベースになってくるのです。

■顧客満足度を上げることが大切
賃貸経営をする上において「テナントリテンション」というものがあります。簡単にいえば「顧客満足度」を上げて保持するという「カスタマーリテンション」から由来した不動産用語なのです。

安定的な収入を得るためには、入居者に長く住んでもらうことが重要となっています。以前においては物件が不足気味ということもありましたが、現代においては逆転現象も起こっているといわれているのです。

このことから、入居者の満足度をあげて安定的な賃料を入れてもらえるスタイルを作ることが良いともまた考えられているのです。

■入居者の立場で

満足度を上げること・長く入居してもらうことを考えるなどというと難しいような感覚もありますが、まずは「自らが入居者であったなら」という立ち位置で考えてみると分かりやすいことでしょう。

自らが「入居者目線」になることによって、どのような環境を望みやすいか・長期間にわたって住みたいかどうかという点が見えてくるかと思います。

賃貸経営をするだけではなく、こうした部分についても考えを広げていくことが成功のポイントともいえるのです。

関連記事

  1. 理解しておくべき土地活用情報

    近代の土地活用の形を理解して、どういったニーズがあるのかを把握する

    土地活用といっても、今ではその選択肢も増えているといわれています。それ…

  2. 理解しておくべき土地活用情報

    土地活用のための最良のパートナーを選択できるかどうかが成功のカギを握っている

    有効的な土地活用を考え、賃貸住宅を建築したいという方も多いのではないで…

アーカイブ

  1. 理解しておくべき土地活用情報

    今から始めようとする人の為の土地活用の際の注意点とはどういったものがあるのでしょ…
  2. 理解しておくべき土地活用情報

    土地活用のための最良のパートナーを選択できるかどうかが成功のカギを握っている
  3. 理解しておくべき土地活用情報

    賃貸経営は入居者目線で行っていくということがとても重要になってくるのです
  4. 理解しておくべき土地活用情報

    近代の土地活用の形を理解して、どういったニーズがあるのかを把握する
PAGE TOP