土地活用を始めるにあたって更地にしておくデメリットがあるらしいですね

土地をお持ちの方の中で「現在更地状態だ」という方もいらっしゃるでしょう。建物などが無いぶん、管理しやすいですとかリスクが少ないというイメージもまたあるかもしれません。

しかし、土地活用という事を考えた時やはりそれなりのリスクがあるものなのです。

固定資産税の問題について

土地・建物の不動産には「固定資産税」という課税がなされています。こちらについては、ご存知の方も多いことでしょう。この固定資産税は、活用していない更地であっても当然ながら課税されるのです。

以上のことでお分かりかと思いますが、更地で特に利益などが生まれていないのに関わらず、税金は毎年支払わなくてはならないというわけなのです。

相続税について

次に相続税の問題です。例えば、土地の所有者が無くなった場合「相続税」というものの負担が生じます。現在、日本においては一時期と比べると地価が下落しているという事が言われています。

「土地を保有している」というだけでは、その資産価値は下がり続ける可能性も充分にあります。

ただ抱えることは大きなリスク

上記2点でお分かりいただけたかと思いますがリスクはいくつか考えられます。そして、最大ともいえるリスクは「将来的なことを何も考えずに更地を保有し続けること」でしょう。

リスクを減らして土地活用を考えよう

更地を上手に活用することによって、家賃収入を得ることも可能ですし、節税対策をして税負担を減らすこともまた可能なのです。

土地活用というものを改めて考え、上手に余裕管理したいものです。今では、こうした活用に関する相談窓口などを設けているところも多いので、分からないという方は積極的に活用してみてはいかがでしょうか。

きっと、ベストな策が見つかることでしょう。

賃貸住宅として更地活用のメリット

土地活用をしたいという場合、賃貸住宅を建設するという方もまた多いようです。さまざまな土地活用方法があるかと思いますが、今回は先のような部分に焦点をあてて、そのメリットなどについて考えていきたいと思います。

相続税対策に

土地は更地状態から賃家建付地評価となることによって、「2割り」程度の相続税資産の評価を下げることが出来るのです。また、一定の条件を満たすことによって、小規模宅地などの特例も受けることが出来ますので、計算上は一定割合で減額されるのです。

固定資産税や都市計画税に対して

土地そのものの固定資産税や都市計画税も、更地と比較をすると大きく減額されます。建物に対する固定資産税においても、一定の要件はあるものの満たせば3年から5年の間は軽減されることでしょう。

また、これら税金に関しては、公租公課として不動産所得の必要経費としてあげることが可能なものたちなのです。このことから、所得圧縮となり節税の効果も期待できるのです。

安定収入を得られやすい

入居者からの賃料が主たる収入となります。一定金額の家賃が振りこまれるために、安定的収入も期待しやすいでしょう。融資をしてもらいたいなどという際においても、こうした賃貸経営は長期的な安定収入があると判断しやすいので、「優良事業」として認識しやすく、仮に融資をしてもらうなどという際にも積極的・肯定的だという傾向もあるのです。

メリットを上手に活かしていくこと

このように、いくつかのメリットが存在しています。賃貸経営をするからこその悩みなどももちろんあるかとは思いますが、メリット・デメリットを比較をしてぜひとも土地を有効活用させてみてはいかがでしょうか。

知識が無いという場合には、専門家などの相談をしてみることをおすすめします。

アーカイブ

  1. 理解しておくべき土地活用情報

    近代の土地活用の形を理解して、どういったニーズがあるのかを把握する
  2. 理解しておくべき土地活用情報

    賃貸経営は入居者目線で行っていくということがとても重要になってくるのです
  3. 理解しておくべき土地活用情報

    土地活用のための最良のパートナーを選択できるかどうかが成功のカギを握っている
  4. 理解しておくべき土地活用情報

    今から始めようとする人の為の土地活用の際の注意点とはどういったものがあるのでしょ…
PAGE TOP